hide一覧

中古車売却時に戻ってくる税金や保険の手続き まとめ

車の税金

ぼくは車を運転するのが好きだし、特に目的も決めずドライブするのも大好きです。

ちょっと大きな荷物になるような買い物には車があると便利だし、郊外の大型ショッピングモールに行ったりするのも、車がないとそんなに気楽に行けるものではありません。

まあ基本的に車が好きで、車があると何かと便利だと思って車を所有しているわけですが、車を持っていて唯一イヤなことが税金や保険にかかるお金です。

車に関連する税金を調べてみたら、

  • 自動車取得税
  • 消費税
  • 自動車税/軽自動車税
  • リサイクル預託金
  • 自動車重量税

と、こんなにあるんですね。
ちょっとビックリしてしまいます。

保険は自賠責保険の他に、任意保険への加入も必要になってきます。

こうした税金の中で、車を売却したときに戻ってくるのは、「自動車税」と「リサイクル預託金」、そして場合によって戻ってくるのが「自動車重量税」です。

「自動車税」は毎年4月1日現在で車を所有している人に課税される税金。
だから車を売った時点の月割計算で還付される税金です。

ただし、3月に売却した場合は還付はありません。
(軽自動車税も還付はありません)

「リサイクル預託金」というのは車を廃棄処分にする際の費用を、あらかじめ支払っておくというもので、車を売却した際には全額が戻ってきます。

(ただし、車を買い替える場合は次の車のリサイクル預託金を支払う必要があります)

「自動車重量税」は車の重さに応じて額が決まる税金で、車検の時に支払うことになっています。

こちらは車を永久抹消登録する(廃車にしてしまう)場合に、月割で還付されます。

車を売却する時に帰ってくる税金については以上のとおりですが、次の保険関連のお金について調べてみました。

車に乗っていると必要になる保険には、車を持っている人は必ず加入しなければならない「自賠責保険」と、任意で加入する「任意保険」があります。

まあ「任意保険」とは言いながらも、実質はほとんどの人が加入してとは思いますけどね。

「自賠責保険料」は自動車重量税と同じく、永久抹消登録した場合には月割で還付されます。

「任意保険」の方は、車を乗り換える場合は保険会社に連絡をして「車両入れ替え」の手続きをします。

乗り換えではなく車を手放す場合は、2つの手続きがあります。

ひとつは車を売った後は永久に車に乗らない場合。
この場合は自動車保険の解約手続きをして、残りの保険料を返してもらうことになります。

もうひとつは、一旦車を手放すけれど、いずれまた購入するという場合。
この場合は保険会社で任意保険の「中断証明書」を発行してもらうことになります。

「中断証明書」があると何が良いのかというと、次の車を購入したときに今の保険等級をそのまま引き継ぐことができるというところです。

保険等級は保険料などに関係してきますから、必ず「中断証明書」の発行手続きはしておきたいですね。

さてここまで、

  • 「下取り」と「買い取り」
  • 中古車買い取り査定サイト
  • 一括査定サービス
  • 事故車等の査定
  • 車の税金・保険

についてぼくが調べたことをまとめて紹介してきました。

後は実際に「一括査定サービス」に査定を依頼するだけですね。

その「一括査定サービス」ですが、色々な会社が運営するサービスがあるというのは、こちらの記事で書いた通りです。

そうしたサービスの中で、おすすめの「一括査定サービス」はどれなのかを紹介してくれているサイトがあります。

兵庫車売却ナビ【初めての車売却・買い替え応援隊】

「兵庫」となっていますが、全国に通用する内容だし、「愛車を高く売るための5つのポイント」だとか、「一括車査定・売却手続きの流れと必要書類まとめ」だとか、車を売る時に非常に参考になる情報もバッチリ掲載されています。

絶対に参考になるサイトなので、あなたもぜひご覧になってみてくださいね。
もちろん、ぼくも参考にさせていただきましたよ!

それでは車大好き、車好次郎(くるまこうじろう)がお送りした「車好次郎の車を1円でも高く売るためのメモブログ」、このあたりで終了したいと思います!

あなたの車が高く売れますように!!


事故車や不動車、多走行車でも買い取ってもらえる!

事故車

あなたは車で事故を起こしたことがありますか?

幸いぼくはこれまで自分から事故を起こしたこと、自分の過失で事故を起こしたことはありません。

他人の過失でぼくの車が事故にあったことはあるんです。
後ろから追突されたこと、いわゆる「おかまをほられた」ことが2回あるんですけどね。

後ろから追突された事故ですから、過失は100%相手方です。

まあ、2回ともそれほどひどいことにはならなかったのも幸いでしたが、悪くすればそれで廃車になることもありますからね。

ところで、このようないわゆる「事故車」でも買い取りしてもらえるんでしょうか?

ガリバーやビッグモーターなどの「中古車買い取り査定サイト」や「一括査定サービス」のホームページを見ていると、事故車でも買い取りOKとなっているようです。

事故車だけではなく、動かなくなったいわゆる「不動車」や、10年以上・10万キロ以上乗ったいわゆる「多走行車」でも買い取りしてくれるそうです。

まあ、そうは言っても、当然何もない車と比べると査定額が低くなるのは仕方ないところですが、それでもいくらかの価格が付くのはうれしいですよね。

それから、「事故車」の定義についても知っておく必要があります。
ぼくたちが一般に「事故」と呼んでいるのと、買取査定の時に問題になる「事故」とはちょっと違うんですよね。

中古車買取にあたっては、「中古車査定の統一基準」というのがあります。
その中で、査定額が減額になる事故車というのは厳密には「修復歴車」だと定められているんです。

そして「修復歴車」というのは、「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」と定義されているんです。

ここで言う「自動車の骨格等」というのは、フレームやピラー、フロアーといった、まさに車の骨格にあたる部分。

査定基準ではここが修理されている車を修復歴車=事故車と扱うことになっているんですね。

だから車をぶつけてバンパーやドアがへこんだとか、それを修理したとかいう車は、買取査定上は事故車扱いにはならないんです。

ここは注意しておかないといけませんね。

事故車の定義はともかく、仮に「修復歴車」であっても査定はつきます。

なぜそんな荒業(?)ができるのかというと、中古車買取専門店が持つ非常に多様な販売ルートのおかげなんです。

中古車買取専門店の販売ルートは日本国内はもちろん、海外にも販売網があります。

日本車は性能が良く、燃費も良いいので海外では非常に評価が高いんですね。

事故車であってもきれいに整備すれば、海外では人気の日本車は十分に売ることができるわけです。

また日本でこそ10年経った車や10万キロ以上乗った車は乗り換える人が多いですが、海外ではもっともっと乗るのが普通です。

東南アジアなどで日本の古いタイプ、古い年式の車がたくさん走っている光景を、テレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

事故車だけではなく、日本では廃車にするような車や、10年・10万キロ以上の多走行車であっても海外では需要が高いんです。

だから「事故車」、「不動車」、「多走行車」でも、中古車買取専門店なら査定が付く可能性が十分にあるわけなんですね。

また、もう廃車にするしかない車であっても、分解してパーツを活用する中古車店もあるようです。

もうダメだろうとあきらめずに、まずは査定に出してみることをおすすめします。


複数の中古車専門店から査定を取るなら一括査定サービスが便利!

中古車一括査定サービス

ガリバーやビッグモーターといった大手の中古車買取専門店は、ホームページ上から概算査定を取ることができるということが分かって大喜びしてたんですが、実はもっと便利なサービスがあることを見つけました。

それが「一括査定サービス」です。

ガリバーやビッグモーターのホームページ上から入力するのと同じように、住所や名前などの個人情報と、車種名、年式、走行距離などの車の情報を入力して送信するだけで、複数の中古車買取専門店の査定をもらうことができるというサービスなんですね。

だから「一括」査定サービスなんです。

で、ここでいう「複数の中古車買取専門店」の中には、上記のガリバーやビッグモーター、さらにはラビット、アップルといった大手中古車買取専門店の他に、地域密着型の中古車専門店まで幅広い中古車買取店が含まれているんです。

一括査定サービスを利用すれば、自分で何社も中古車買取専門店に車を持ち込んで査定をしてもらう必要はおろか、ガリバーやビッグモーターなどの中古車買取専門店のホームページから何回も同じ情報を入力して概算査定額をもらう必要もありません。

まったくもって、不精なぼくには持って来いのサービス。
願ったり叶ったりのサービスだと言えるでしょう。

いや~、インターネットってホントに便利ですね!

で、さらに調べを進めると、「一括査定サービス」にも色んなサービスがあるようなんです。

一部上場企業である(株)エイチームライフスタイルが運営しているのが「かんたん車査定ガイド」。

エイチームさんの名前そのものが安心感のあるサービスですが、実際、JADRI(日本自動車流通研究会)に加盟する優良企業ばかりが参加している、安心の一括査定サイトです。

(株)ウェブクルーが運営するのが「ズバット車買取比較」。
200社以上の中古車買取専門店が参加している一括査定サイトです。

(株)ウェブクルーさんは他にも、「ズバット 引っ越し比較」など、「ズバットシリーズ」で有名なサービスを展開しています。

ほかにもヤフー100%子会社の「カービュー」、楽天が運営する「楽天オート」、リクルートが運営する「カーセンサーネット」など、いろんな一括査定サービスがあることが分かりました。

上述した個人情報と車の情報を入力して送信すれば、1回の申し込みで最大8~10社程度の中古車買取専門店の査定をもらうことができるようです。

8~10社の査定額をじっくり比較して選ぶことができるわけですね。

細かな違いはあるみたいですが、ホームページを見て気に入ったサイトに申し込めばいいんじゃないかと思いますよ。