中古車売却時に戻ってくる税金や保険の手続き まとめ

車の税金

ぼくは車を運転するのが好きだし、特に目的も決めずドライブするのも大好きです。

ちょっと大きな荷物になるような買い物には車があると便利だし、郊外の大型ショッピングモールに行ったりするのも、車がないとそんなに気楽に行けるものではありません。

まあ基本的に車が好きで、車があると何かと便利だと思って車を所有しているわけですが、車を持っていて唯一イヤなことが税金や保険にかかるお金です。

車に関連する税金を調べてみたら、

  • 自動車取得税
  • 消費税
  • 自動車税/軽自動車税
  • リサイクル預託金
  • 自動車重量税

と、こんなにあるんですね。
ちょっとビックリしてしまいます。

保険は自賠責保険の他に、任意保険への加入も必要になってきます。

こうした税金の中で、車を売却したときに戻ってくるのは、「自動車税」と「リサイクル預託金」、そして場合によって戻ってくるのが「自動車重量税」です。

「自動車税」は毎年4月1日現在で車を所有している人に課税される税金。
だから車を売った時点の月割計算で還付される税金です。

ただし、3月に売却した場合は還付はありません。
(軽自動車税も還付はありません)

「リサイクル預託金」というのは車を廃棄処分にする際の費用を、あらかじめ支払っておくというもので、車を売却した際には全額が戻ってきます。

(ただし、車を買い替える場合は次の車のリサイクル預託金を支払う必要があります)

「自動車重量税」は車の重さに応じて額が決まる税金で、車検の時に支払うことになっています。

こちらは車を永久抹消登録する(廃車にしてしまう)場合に、月割で還付されます。

車を売却する時に帰ってくる税金については以上のとおりですが、次の保険関連のお金について調べてみました。

車に乗っていると必要になる保険には、車を持っている人は必ず加入しなければならない「自賠責保険」と、任意で加入する「任意保険」があります。

まあ「任意保険」とは言いながらも、実質はほとんどの人が加入してとは思いますけどね。

「自賠責保険料」は自動車重量税と同じく、永久抹消登録した場合には月割で還付されます。

「任意保険」の方は、車を乗り換える場合は保険会社に連絡をして「車両入れ替え」の手続きをします。

乗り換えではなく車を手放す場合は、2つの手続きがあります。

ひとつは車を売った後は永久に車に乗らない場合。
この場合は自動車保険の解約手続きをして、残りの保険料を返してもらうことになります。

もうひとつは、一旦車を手放すけれど、いずれまた購入するという場合。
この場合は保険会社で任意保険の「中断証明書」を発行してもらうことになります。

「中断証明書」があると何が良いのかというと、次の車を購入したときに今の保険等級をそのまま引き継ぐことができるというところです。

保険等級は保険料などに関係してきますから、必ず「中断証明書」の発行手続きはしておきたいですね。

さてここまで、

  • 「下取り」と「買い取り」
  • 中古車買い取り査定サイト
  • 一括査定サービス
  • 事故車等の査定
  • 車の税金・保険

についてぼくが調べたことをまとめて紹介してきました。

後は実際に「一括査定サービス」に査定を依頼するだけですね。

その「一括査定サービス」ですが、色々な会社が運営するサービスがあるというのは、こちらの記事で書いた通りです。

そうしたサービスの中で、おすすめの「一括査定サービス」はどれなのかを紹介してくれているサイトがあります。

兵庫車売却ナビ【初めての車売却・買い替え応援隊】

「兵庫」となっていますが、全国に通用する内容だし、「愛車を高く売るための5つのポイント」だとか、「一括車査定・売却手続きの流れと必要書類まとめ」だとか、車を売る時に非常に参考になる情報もバッチリ掲載されています。

絶対に参考になるサイトなので、あなたもぜひご覧になってみてくださいね。
もちろん、ぼくも参考にさせていただきましたよ!

それでは車大好き、車好次郎(くるまこうじろう)がお送りした「車好次郎の車を1円でも高く売るためのメモブログ」、このあたりで終了したいと思います!

あなたの車が高く売れますように!!